フォトアルバム

MAGIC VOX DEMO視聴

Twitter

★LINK★

  • MAGIC VOX CHANNEL !! on USTREAM
    MAGIC VOXのDEMO曲やライブ放送を見れるサイトです
  • ようぞうワールドblog
    バンドではVocalを、ヤマハポピュラーミュージックスクールではDrumsを教えて、ショーではパーカッションやコーラスなどもやり、最近ではギターも弾いているマルチミュージシャン。
  • マジックヴォックス
    関西を拠点とするバンド「マジックヴォックス」のオフィシャルサイトです。
  • MAGIC VOX 音源試聴
    マジックヴォックスのオリジナル曲を試聴できます。是非一度聴いてみて下さいね

Twitter / yourichansound

クラフト Feed

2007年6月16日 (土)

翡翠

Xg1guoop

Vc3wcmhn


先日購入した翡翠を使って新作ブレスレットなどを作りました。

ブレスレットの方は、翡翠とマザーオブパール。
携帯ストラップの方は翡翠とムーンストーン。
黒いストラップはパールビーズとオニキスなどを使いました。

色の薄い翡翠を探していたのですが、まさに理想の温かみのある癒し系の翡翠をゲットできて良かったです。

初めて見た瞬間に心が癒されるような色合いに驚きました。

翡翠は魔除けなどお守りとして昔から大切にされているそうです。

翡翠といれば濃い緑色で、ちょっとおばあちゃんっぽい石だと思っていたのですが、白っぽいものから黄色っぽいものや、色んな色があるみたいです。

ブレスレットだけでなくまた色々と作りたくなって来ました。
ボチボチ再開しよ〜ヾ(@゜▽゜@)ノ

2007年6月12日 (火)

アベンチュリン

T4snanfk 先日買って来たアベンチュリンという緑色の天然石ビーズと、マザーオブパールという白い天然石ビーズを使って、ブレスレットを作りました。

作り方は先日妹に教えて貰ったので、ローズクオーツとロドナイトのブレスレットの色違い風に作ってみました。

ブルーカルセドニー&淡水パールも同じ様な組み合わせで作っているので、これで3色目と言った感じに仕上がりました。

かわいい〜〜

今回のアベンチュリンもマザーオブパールもすごく安いので、かなりローコストで出来たと思います。
(まだ計算してみてないけど・・・)

天然石のブレスレットは自分で作ったらかなり安く出来るので、簡単だし絶対オススメ!!!

2007年3月30日 (金)

昨夜の作品

No8dsq_u Dvuwfzhr

Sjszpfon

昨夜ガラス遊びをしながら練習をした作品が本日の画像。

やっぱりバーナーワークの葉っぱ型の方が変色しています。
元々のガラスロッドの色がグリーンの単色の物なので、この変色は失敗です。
変色の感じがちょっと枯れ葉っぽい様な気もしますが・・・
失敗は失敗です┐( -"-)┌

フュージングの方の青と水色の2色の玉は成功。

でもこの成功の影ではアートボックスミニ5エもんの寿命が...
もともと寿命が短いらしいこのアートボックスミニ5エもんという、キルンワーク用の道具は、10回以上は使えますと書いてますが、1回ガラスを溶かそうと思ったら3〜5回はレンジで温めますので、当然もう寿命が来てもおかしくないって事です。

既に寿命が近づいている様で、2つ目の赤と透明のガラスフュージングの方はなかなか溶けてくれませんでした。

やっぱり簡易式電気炉でも手に入れないと無理かな〜
┐( -"-)┌

昨夜はガラス遊びでしたが、今日は以前リーダーさんにプレゼントしたビーズと天然石で作った羽織紐の修理をしました。
金具が破損してしまったので取り替えました。
こちらはすんなり完成!

夜になって1時間だけドラム録音のテストをしました。
モニターシステムの構築が課題です。
明日その辺を研究してみる予定です。
まだまだProToolsの勉強課題が沢山有ってとても楽しいです!

2006年11月28日 (火)

ありました(*^o^*)

Uzpxpu5u ガラスプライヤーを探しに近所のホームセンターに行ったら有りました。

残念ながら昨日の画像と同じ物は無かったのですが無事にみつかりました。

まだこのランニングプライヤーは試していませんが近日中に試す予定です。

楽しみです〜(^-^)/

2006年11月27日 (月)

恐るべしランニングプライヤー

Z7m0irnk 実家で母の指導のもと、ステンドグラス用のガラス板をガラスカッターで切る練習をした。

ステンドグラスをやるわけではなく、とんぼ玉を作る練習をする為に、ガラス板を細長く切って「ガラス棒」状態にしたいから。

ガラス棒状態にする為には結構細く切らないとアカンのですが、これ結構難しくて、以前母から貰って帰ったガラスの破片とガラスカッターを使い自宅で切る練習をしてみたけど、どうも上手く切れません。

そこで母に教えて貰った訳ですが、力加減やら感じを掴むまではガラスカッターの扱いも難しく、うまくラインが引けなかったし、ガラスによって、やはり切れ易いものと、切り難いものがあり、それぞれに力加減が違ってくるので、経験値を上げるしか無いですね。

ガラスカッターの方は随分慣れてきましたが、ガラスカッターで切れ目を入れたガラスを切り離すのが至難の業でして、こちらはランニングプライヤーという物を使います。

この道具がないと細長い棒状にガラスを切り離すのは難しいのです。

私はこの道具を持っていなかったため、自宅で何度やっても上手く切り離せませんでした。

実家で教えて貰っても、やはりこれまた結構難しくて、力加減を誤ると細長く切ったラインの途中でガラスが割れてしまいます。
母にコツを教えて貰いながら、何十回も切ってみて成功率は60%くらいかな・・・まだまだです。

もっともっと練習しないとあきません。

細い物を切り分けるにはこのランニングプライヤーが欠かせないので、ホームセンターに探しに行こうと思います。

ガラスの扱いは危険なので注意しながら、巧みに操れる様になることを夢見ながら日々精進です。

2006年11月20日 (月)

圧平用ピンセット

2hi96x0g とんぼ玉を作る時に使う圧平用ピンセットが欲しい。。。
これ送料抜きで安くても2500円から〜入手にはおそらく3000円位はかかる。

これってピンセットの先に小さな四角いステンレス板を熔接してあるように思う。

ピンセットだけやったら100圴で売ってるし、ステンレスの板だって200〜300円位で売ってる。

ステンレス用のハンダとフラックスも500〜600円位で、ステンレスを切る金切り鋏は800円位です。

ハンダごては持ってるので、自作してみるか・・・とホームセンターで悩みつつも、ステンレス板が綺麗に切れるのか?...そして、肝心のステンレスのハンダ付けがちゃんと出来るのか?
ここが問題。。。

ハンダが無事についたとしても、高熱のガラスを挟んだ熱で再び溶けたりしないのか??。。。。知識も無いし心配。

まぁでも、やってみて上手く行けば儲けもんってことで、材料を買って来て早速ステンレス板をようぞうくんに切ってもらい、ハンダ付け作業は自分でやりました。

画像の圧平用ピンセットは自作のもので、ハンダがボテボテになりぶっさいくな完成品です。
まだ高熱のガラスを挟んではみていないので、使うのが楽しみです。
すぐにハンダが溶けてしまってダメだったら諦めて既製品を買うつもりですが、なんでもチャレンジ。

それにしても、ハンダ付けはなんぼやっても難しいわ。

昔機材を繋ぐシールド類は全て自作していたので、ハンダ付けはそこそこ出来るんですけど、ステンレス用のハンダは思ったよりも難しかったです。

ぼてぼてにハンダがくっついていて不細工で笑っちゃいます。
・・・でも使えたら良いねんけどね。

まぁ使ってみるまでのお楽しみで今日は、圧平用ピンセット制作と100均で買って来たステンレスパイプの切断だけをやりました。

ステンレスパイプの切断は、自宅に有った鉄を切る為の鋸で切りました(殆ど切ったのはようぞうくんだったけど)

いやぁ〜ステンレスも結構自宅で切れるもんやねぇ〜


2006年11月15日 (水)

第三作目マナーベルト

Ozs9n7g8 先日ミシンでぬいぬいしたレイくん様のマナーベルトと同じ生地で、実家の中型犬マルチーズのくぅたんのマナーベルトを作りました。

今回は前回の様に、生地の「のびのび」に負けない様に、まっすぐ気をつけながら工夫しながら縫ったので、わりとシャキッと出来上がりました。

相変わらず飾りも何も無しのスーパーシンプルデザインですが・・・

とりあえずは、大きなマルチーズのくぅたんのウエストサイズに合う様に作ったつもりなので、プレゼントして使ってもらえたらいいなと思います。

ところで、先日作ったレイくん様のマナーベルト・・・・
サイズを事前に測っておいてつくったのですが、今日再び採寸してみたら、なんとさらに大きくなっていたのでした。

大きめに作った筈なのに、どうりで丁度な訳だ。
これ以上大きくなったら、また作り直さないとアカンやんっ!
たのむよぉ〜( ̄▽ ̄;)

まぁでも作れば作る程メキメキ(?)腕が上達して行くのを実感出来て楽しいね。

今日はマナーベルトを作って、工房コーナーの整理をしました。
まだ、これ!というセッティングは見つかってないのですが、色んなジャンルに挑戦中ということで、基本的には何の作業でもすぐに取りかかれる様にしておきたいので、どのように道具類を配置したら良いか考えている所です。

実際に物を作らなくても、そんな事をしているだけでも楽しい今日この頃。

完全に、ハマってます。。。ε=(。・д・。)

2006年11月11日 (土)

パワートーチ

D2x_bpmr 離型剤も作ったしひととおり「とんぼ玉」制作の材料が揃ったので、とりあえずはバーナーの火を初めて点火してみました。

すごっ・・・・・こわっ・・・・ヽ(`⌒´メ)ノ

えらい勢いでものすごい炎が出たのでちょっとひきました。

以前、バーベキューの時に、リーダーさんが炭に火をつける為に、カセットガス式のバーナーを使っていたのをみて、火力がかなり強い事は知っていたけど、いざ自分で点火するとなると、さすがに怖かった。

とんぼ玉を作るにあたってはとりあえず自分がどのくらいバーナーワークにハマるか解らないので、ちゃんとした機材は高価なので手が出ないし、一応初心者向けのとんぼ玉スターターセットにも簡易バーナーで出来る様なものも有るみたいなので、ホームセンターに行って色々考えた末に決めたバーナーは、電子着火方式で、空気調整が出来るから温度調整も可能らしい。

おまけにバーナーの先のパイプが上を向いているので、スタンドなど無しでそのまま立てて使えるのでバーナーワークに最適。

大抵のこの手のカセットガス式のバーナーは火の出るパイプの部分がカセットガス缶に対して横向きについているのですが、この製品だけは上向きだったのでラッキー!

そして、他には着火はライターとかを使う物もあったり、空気調整ができないので、温度が固定だったり・・・

この製品のデメリットは専用のガス缶しか使えない所。
普通のカセットコンロのガス缶の口とは形状が異なるため使えないみたいです。
ここが残念なところだけど、それでも1本の連続使用時間は1時間程度らしいので、まぁそんなにガンガン使わなかったらストックを2〜3本用意しとけば大丈夫だし、近所のホームセンターに売っているのですぐに買いに行けるから安心。

価格的にはカセットコンロのガス缶が3本パックで売っているものにくらべるとちょっと高めやけどね。
これは1本4〜500円くらい??

それでも、専用の機材を買う事を思ったら随分安いし、本気でハマったらおそらく専用のバーナー買っちゃうだろうからねぇ。。。。
まぁなりゆきで。

とんぼ玉だけでなく、ガラスフュージングやアートクレイシルバーや、篆刻や和裁....やらなあかん事(やりたい事?)が一杯有るから、どれもこれもちょっとづつゆっくり進めていくし、まぁ焦らんでもええね。





2006年11月10日 (金)

自作離型剤

Heux_jnm いろいろなサイトを探して調べて、バーナーワークのとんぼ玉制作に必要な離型剤を自作してみる事にしました。

材料
白砥の粉 100g
ベビーパウダー 25g
水 100cc位
アラビックヤマトのり ぽと〜んと1滴くらい。小サジ半分も無いと思います。

とりあえずは、上記の材料を延々まぜまぜして作ってみました。

なんせ、既製品の離型剤を見た事も使った事もないので、固さというか水の量と言うか・・・さっぱり解りません。

まぁとりあえず2〜3日寝かせた方がいいらしいです。

どんなもんか解りませんがとりあえずは暫く寝かせて見て、再度水分調節をして、天ぷらの衣より固め・・・とか、なめらかなポタージュの様な感じにするみたいです。

とにかく、まだバーナーワークを未経験なので、どうなる事やら解りませんが、とりあえずはワクワクな感じです。

うまく調合出来ていたらいいけどなぁ〜〜

はよ、ステンレス芯棒にガラスを溶かして巻き付けてみたいです。

このとんぼ玉での製作目標は、帯留め用のとんぼ玉を作る事です。
どんなデザインかは考えてませんが・・・・まずは練習、練習。

母はどこかの体験教室に行ってみたら良いのにと言ってくれますが、まずは自分で調べてやってみてから、壁にぶつかってからにしたいと思っているのです。

きっと体験教室に行ったらすごく解り易いだろうし近道やと思いますが、自分が音楽の仕事をやりだした頃からずっと思っている事は、やっぱ自分で調べて自分でやってみてからしか聞いたらアカンよなぁって事なんです。

ヤマハのPMSでドラムの講師をしていた頃、やはりプロを目指す若者が習いに来ていたのですが、自分で色々調べて頑張っている子と、何から何まで先生に聞いてやる子を比べて見ていると歴然とその差が出るのが見えました。
そりゃぁ、素質やら才能とかも有るでしょうが、そんなものはプロになるまでのレベルやったら努力で乗り越えられると思うから。

さすがにプロレベルだと、センスやら才能ってのもかなり必要になってくると思うので簡単には行かないけど、まずは自分がやりたいって気持ちを持って自分で目標に進んで行かないと気が済まないのです(*^o^*)

途中で挫折するならその程度のもんやろうし、そのくらいでやめるんだったら続けてもしゃーないもんね。

ただ単に天の邪鬼なだけで、人の言う事聞くんが嫌なだけかもしれないですけどね( ̄▽ ̄;)

どーせすぐに壁にぶち当たるだろうから、その時に次の進むべき方向を考えよう。
今はとにかくまだ始まったところで、何がなんだか解らないし、何をしたら良いのかも解らないし、何が必要なのかも解らないので、それが徐々に解明されて行く事が楽しい毎日です。

それにしてもお金をかけずに工夫をしながら自宅でのんびりと好きな事を出来るってのがホントめっちゃ贅沢ですよねぇ〜ヾ(@゚▽゚@)ノ

昼間は年末の仕事の仕込みをせなアカンのでついつい夜に趣味の時間をとってしまって、相変わらず夜型な私。。。。

昨日の夜はさすがに冷えるので初ストーブつけちゃいましたよぉ〜┐( -"-)┌
寒いのは辛いなぁ〜

2006年11月 9日 (木)

とけたとけた〜

Ccclctb8 Wy1xj75h


Gu001oxj


先日オークションでゲットした電子レンジで使える「アートボックスミニ5エもん」という窯を使って早速ガラスの破片を溶かしてみた。

まずなんか作ろーと思ったけど、母から貰って来たガラスカッターが上手く使えない....ので、とりあえずは小さなガラスの破片を溶かしてみる事に挑戦。

ガラスを切るのは練習せな上手くいきませんねぇ。。。
かなり難しいです。

5エもんの中にファイバーペーパーを置いて、その上にガラスを置き、電子レンジで6〜7分。
冷めたらしっかりと角張っていたガラスが溶けてまる〜く可愛くなっていました。

冷めるまでに30分以上は待ったかな。

まぁ、これ何に使うって訳でもないので、溶けた事で完成。

良かった良かった。

やっぱガラスを思い通りに切って、フュージングのりを使ってくっつけて、5エもんで焼いて何かを作りたいので、ガラスを切る練習をせなあきませんね。

なんかガラス溶けたら、なんとも言えない感動です。

はよバーナーでもガラス溶かしてみたいです。

バーナーも買ってあるのですが、こちらはとんぼ玉に挑戦する予定なので、ステンレス棒やら離型剤やら揃えなあきません。
ステンレス棒はホームセンターにてゲット済みなので、後は離型剤。

これまた、調べて行くうちに、良い離型剤とあまり良くない離型剤が有るらしく、良い離型剤はちょっと高い。

あ、離型剤って、ステンレスの棒にガラスを溶かした物を巻き付けて行ってとんぼ玉をつくるんですが、ステンレス棒にその離型剤を塗っておかないと、出来上がった後ステンレス棒からガラスが外れなくなっちゃうんですって。

そこで、離型剤って作れないのん?と思って調べまくりました。
ここ数日でやっと正体をつきとめました。

どうやら、白砥の粉、タルク、合成のりを配合すると出来るらしいのです。

白砥の粉なんて何に使う物かも知らなかったので、ホームセンターのどこを探したら良いのか解らなかったけど、ペンキコーナーに有りました。

そして、タルク。。。。
これも、またなんやよ〜わからん粉です。
FRP用タルクとか、タルクっていう商品らしいのですが、どうも調べて行くうちに、ベビーパウダーが同じ物らしいのです。
ほんまかいなぁ〜と思いながらベビーパウダーコーナーへ行き、成分を見たら「タルク」と書いてありました。

へ〜〜(´ρ`)って感じでした。

そしてのりはなぜかこの画像のアラビックヤマトのりが良いそうです。

ベビーパウダーは65g
白砥の粉は200g
アラビックヤマトのり約5cc程度

を混ぜたら良いらしいのです。

これらの材料で離型剤が出来上がれば、相当安上がりな訳です。

がんばって今夜はこれを作ってみる事に挑戦してから寝ることにしましょう。

無事にできたらこの離型剤をステンレス棒に塗ってよ〜く乾燥させなアカンらしいです。

さぁ、ここまで無事にできるかなぁ〜